今からお前んちこいよ

多摩川沿いにて細々とお勉強。

Qiitaに投稿して思ったこと - 記事を書くモチベの話

先日初めてQiitaに記事を投稿したのだが、それに対するリアクション等からここ(ブログ)に記事を書くモチベや意味を再認識した。結論から言うとQiitaに記事は書かない。*1

qiita.com

最近のQiitaに感じること

あまり好印象じゃない。内容重複した記事の多さ。公式ページを見ればわかるチュートリアル。逆に超特定な内容のチュートリアル(好印象に転ずる場合もある)。あとは内容が濃い上長すぎる記事などに対しては本を出せ、買うから。と思ってしまう時がある。必ずしも悪い訳ではないが、散らかってる という印象を持ってる。

Qiita-teamを使っていた時期があるので記事投稿へのハードルが低いのはわかっているつもりだ。そこがいい点なのだが、なんだろうな。もう少し書き手が考えたほうがいいのかな。既存内容を別の人が書いて投稿しているのを見ると、どうして書いたんだろうという思いになる。調べなかったの?差別化はどこ?という疑問を持つ。本当に人に共有したいのか、自分のメモなのか。後者ならば果たしてQiitaに投稿すべきものなのかという思いが巡る。

冒頭にも書いたとおり、Qiitaに投稿してみて思ったのはやはりレスポンスがあるということ。記事にLIKEがつくのはうれしいものだし、記事からURLを辿り私のGithubリポジトリにスターを付けてってくれる方までいて、うれしさがブログよりも遥かに高いのは事実。

ブログ記事を書く目的

Qiitaなどの情報共有する場において、「自分のメモが他の誰かの役に立てば。。。」 などという考えは甘ったれにしか聞こえない*2。それが私がブログに記事を書く理由だと思う。多分「メモを共有する」という言葉に嫌悪感があり、少ない情報にせよ提供する限りは読み手ファーストで本気出せ。という気持ちがある。

一方、ブログは完全に自分のスペースという意識なのでメモでもいいしガチでもいいと思ってる。

私のブログの立ち位置はというと、どんな内容にせよターゲットが自分であれ読者であれ提供する情報/学んだ情報が何かを明確に記すスペース。未来の自分(=一種の読者) ファースト という感じだろうか。

リアルタイム読み手ファーストのブログではないので検索流入の高い話題を狙って取り扱う訳ではない。それも相まって(?)、記事へのリアクションは確かに少ないがそれはモチベにおいても問題ではない。あくまで未来の自分を助けるという目的があり、そのツールとしてブログを使ってるつもり。

おわりに

記事を書く目的は人それぞれだと思うが、共有の場に書くべきなのか自分のスペースに書くべきなのかは各々考えた方がいいと思うし、そうすることで、もっといいネット情報社会になるんじゃないかなっていう雑な意見。

 

*1:何かしらの意図があれば書くぞ?

*2:あくまで主観でものを言っている