今からお前んちこいよ

多摩川沿いにて細々とお勉強。

Lambdaの使い方 - ローカルで開発・実行・デプロイまで[nodejs編]

日本語 | English

概要

AWSサービスのLambda入門メモ。
S3にある指定ファイルの内容を返すイベントを作る。
Lambdaは node 4.3 を使う。

開発コード

package.json ・・・ aws-sdk インストール
{
  "name": "application-name",
  "version": "1.0.0",
  "description": "application description",
  "main": "application.js",
  "scripts": {
    "test": "node local_run.js"
  },
  "author": "",
  "dependencies": {
    "aws-sdk": "^2.4.13"
  }
}

$ npm install しましょう

local_run.js ・・・ ローカル実行の着火ファイル

http://lambda-url/function-name?key=test の例

'use strict'

// Your data to be passed to lambda function
let event = {
    key: 'test'
}

// Build stab of context Object
let context = {
    functionName: 'function-name',
    invokeid: 'invokeid',
    done: function(err, message) {
        return;
    },
    succeed: function(message) {
        console.log(message)
    }
}

let app = require('./application.js')
app.handler(event, context)
application.js ・・・ 実際にアップするファイル
'use strict';

const AWS = require('aws-sdk')

AWS.config.update({
    accessKeyId: '',
    secretAccessKey: '',
    region: 'ap-northeast-1',
    endpoint: 'https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com'
})

const s3client = new AWS.S3()

exports.handler = (event, context) => {
    let params = {
        Bucket: "hogehoge",
        Key: event.key
    }
    s3client.getObject(params, (err, data) => {
        if (data != null) {
            context.succeed(data.Body.toString())
        }
    })
}

ローカル実行

$ node local_run.js

をたたく。

デプロイ用zip作成、アップロード

$ zip -r testfunc.zip application.js node_modules

で、できた testfunc.zip をコンソールからアップする。

コンソール > lambda > 指定function の Configuration で
Handlerapplication.handler にして
他は適宜設定。