今からお前んちこいよ

品川にて細々とお勉強。

AWSのS3バケットのライフサイクル設定をしてファイルを自動削除させる

概要

AWSのS3は色々な場面で使えて便利だけれど、
個人的にいいなって思ってる機能がライフサイクル設定

キャッシュを使う感覚で、バケット(もしくはキー)に期限を指定できる。
期限を過ぎたファイルは自動で削除やアーカイブとしてGlacierに移動できる。

ライフサイクル設定方法

バケット右クリック > プロパティ > ライフサイクル > ルールを追加する

f:id:hakopako03:20160625214754p:plain f:id:hakopako03:20160625214808p:plain  

バケット全体 or 対象のキーを指定

f:id:hakopako03:20160625214820p:plain  

期限の指定と期限切れをどうするか

f:id:hakopako03:20160625214827p:plain  

ルール名をつける(必要であれば

f:id:hakopako03:20160625214835p:plain
 

こんな感じでルールが有効になれば完了

f:id:hakopako03:20160625213751p:plain

 

便利٩( ᐛ )و