今からお前んちこいよ

多摩川沿いにて細々とお勉強。

slackのメンバー数・規模別での利用レビュー

概要

数百人の比較的大規模で1チーム(ドメイン)だったり、
5人とかの小規模で1ドメインだったり色々あると思う。
どちらの規模でも使ってた実際の経験から個人的に思うslack利用感を書く。

大規模に1ドメインパターン

みんなにチャットリテラシーがないと破綻する
 よくわかんないから使うのやめる人が出てきたり、
 俺興味あるんだよ、つって興味先行の汚い使い方しだしたり
 

よくわからない趣味雑談チャンネルが多発(悪くはない
 #fx #okane_nai #kareshi_inai #misc
 いいのよ、全然いいのよ。
 

他チームとの連絡が劇的に楽
 困り事も気軽に別部署・別チームに問い合わせできて業務スムーズ。
 #teamname (チームメンバー)、 #teamname_faq (チームへの質問部屋)
 みたいな感じとか
 

人多い分楽しみも多い
 #general(全員いる部屋)に@channelメンションで
 全員に誤爆とかは面白かった  
 

少人数に1ドメインパターン

チャットリテラシーがない人がいても軌道修正・教育が可能
 現実世界での物理的・精神的な距離感は大規模よりも近いので
 軌道修正・教育により、どうにかなることもある。
 

チャンネル作成自由度が高い
 〇〇案件アクセス報告botチャンネルくらいの粒度で作ったりして、
 企画・営業さんへの報告の手間を省くとか可能。
 

複数slackチームに入る羽目になる
 大きい会社での小規模slackに限ってしまうが、
 別チームが別ドメインでslackチームを作ることとなる。
 関わるチームが増えればその別slackチームに入る必要が出てくる。
 

slack知識共有が難
 slackbotやhubotやチャンネルの粒度など、
 社内でも実用例をお互い見て学ぶ機会が生まれにくい
 
 

まとめると

大規模 小規模
良い点 ・他チーム連絡が劇的に楽
・人多い分楽しいことも多い
・リテラシーカバー教育可能
・チャンネル作成の自由度高
悪い点 ・謎チャンネル(正直楽しい
・チャットリテラシー有する
・複数slackチームに入る必要
・slack知識の共有が難しい

終わりに

挙げた悪い点は他でカバーできることだったりもすると思う。
slackをどう使うかを考えて大規模小規模のいい点を比べて
チームに合った使い方をするのが賢明だろうと思っている。

あと、"複数slackチームに入る羽目になる" に関しては、
slackのUI的に複数チームでも操作性は全く下がらないから
入っちゃえば全然問題ない。