今からお前んちこいよ

品川にて細々とお勉強。

AWSの各サービスの料金形態をさらっとまとめる

概要

実業務での導入には費用対効果の計算がやはり必要。
なにせAWSの公式ページは見づらい。
※ 使ってみるタイミングで調べてるので
  全てのサービスが対象ではない。

参考)見積もり計算ページ

calculator.s3.amazonaws.com

まとめ表

サービス名 機能 主な料金かかる項目 メモ
EC2 サーバ スペック t,m,c系とかが用途・種類、small,large,2xlargeとかが性能
RDS RDB スペック ディスク容量,IOPSでも値段変動
S3 ファイルストレージ データのI/O 基本的に安い値段
DynamoDB NoSQLDB データのI/O 書き込みがゲロ高い
Lambda イベント実行 稼動時間 メモリ量選ぶ(最大1.5GB)
SQS メッセージキュー 処理するタスク量 処理の順序が保障されてないのマジクソ
SWF ワークフロー 処理するジョブ量 ジョブの順序は保障されてるけど基本高い
EMR hadoop/sparkとか 稼動時間 パッと使う感じなら安い
API Gateway APIサーバみたいな 呼び出し回数 メモリ量選ぶ。APIパスに*とか使えないらしい

 
※ RDS/DynamoDBの料金についての詳細はこの記事を

www.hakopako.net

終わりに

AWSの各サービスによって費用がかかるポイントがあるので
その費用を払うか別の方法を考えるかは常に戦ってる。
DB周りは幾度となくEC2に自分でインストールするか論をした。
また調べるサービスでてきたら追記する。