今からお前んちこいよ

品川にて細々とお勉強。

bashでmacのターミナル環境設定

会社で結構みんな設定してたのでやってみた。

 

【参考】https://sites.google.com/a/wasabi-games.com/blog/home/macdekankyouhensuusetteitoka

 

.bash_profile

ls -a で .bash_profile がそもそも無かったので以下ターミナルで実行し設定

echo "export PATH=/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/X11/bin:/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH">.bash_profile
source ~/.bash_profile

.bash_profileに下記追記

if [ -f ~/.bashrc ] ; then 
. ~/.bashrc 
fi  

 

 

.bashrcの設定

とりあえずファイル内容が以下

[ -z "$PS1" ] && return #これがないとSFTP接続できない

######## 短縮コマンド ########
alias lsa='ls -aGF'
alias ll='ls -laGF'
alias rm='rm -iv'
alias mv='mv -iv'
alias cp='cp -iv'
alias ..='cd ..'
alias ..2='cd ../..'
alias ..3='cd ../../..'

function cdls() {  
    \cd $1;  
    ls;
}  
alias cd=cdls

######## 起動時 ########
echo ''
echo ' ——— Welcome ——— '
echo ''

######## 他 ########
export PS1='\W \t $ '

細かく内容を見ていきましょう(ググればいくらでも出てきますがw)

alias lsa='ls -aGF'
alias ll='ls -laGF'

lsで一覧表示

-aは隠しファイルも表示

-Gは色をつける

-Fはファイルの種類を記号で表示

基本的かつよく使う奴なので需要高い。

 

alias rm='rm -iv'
alias mv='mv -iv'
alias cp='cp -iv'

これらはファイル操作時に確認を挟んでくれる。

 

alias ..='cd ..'
alias ..2='cd ../..'
alias ..3='cd ../../..'

上階層への移動に割と便利。

 

function cdls() {  
    \cd $1; 
    ls; 
}
alias cd=cdls

cdコマンド叩いた後にlsまで叩いてくれるようにする設定。

 

echo ''
echo ' ——— Welcome ——— '
echo ''

ターミナル起動時に出力。

 

export PS1='\W \t $ '

コマンドラインに時間表示

 

git用に色設定とかやりたいけど会社だとsvnとgit両方使うからなー・・・・。

今のところは簡単な色設定しか需要なしで残念。